SEO

【SEOライティング】ブログの1記事あたりの文字数は何文字がいい?

しの

はじめまして、しのです。 WEBデザインやプログラミング、SEO、ブログ術に関する記事を主に書いています。 ブログの月間PVは約40000PV、月間収益は5桁です。 SEOで検索上位1位を約50件獲得(2023年6月時点)。

ブログって1記事あたり何文字くらい書いたらいいだろう?いろんな意見があってどれが本当かわからないよ

SEOライティングにおいて文字数を気にする方も多いと思います。文字数に関しては諸説あってどれが本当かわからないですよね

ブログを書いていると文字数は気になりますよね。

「最低でも2000文字は書きましょう」

「10000文字は書かないと検索上位には上がって来づらいです」

などなど。

色んな説があって戸惑う人も多いと思います。

いろんな情報がある中でどれが正解なのか?

今回の記事では上記のような疑問に役立つ記事となっていますので是非ご覧ください。

文字数は2000文字から3000文字を目安にしよう

では早速結論からですが、文字数は2000文字から3000文字を目安にすると良いと思います。

これは実際に僕がライターとして企業の方とやりとりする中で最も多かった文字数が2000文字〜3000文字だったことと、自分自身が2000文字から3000文字で検索上位1位を取れていることが根拠です。

多い記事などでは5000文字、それ以上という記事もありますが、基本的に長すぎる記事って皆さん読みますか?

逆に読む気を失うこともありますよね。

必要なところだけ流し見するという方も多いのではないでしょうか。

つまり、長すぎると返ってユーザービリティを損なうこともあるということです。

ユーザーは文字を読みたいのではなく情報を得たいのです

このことはすごく重要なことなので頭の片隅に置いておくようにしましょう。

きちんと説明しようと思うと自ずと文字数は増える

とは言っても、きちんと物事について説明しようと思うと自然に2000文字以上はかかることが多いです。

SEOの観点から見ても、「網羅性」は重要なポイントになるため、例えば「ブログ 稼ぎ方」というキーワードを狙って記事を書く場合はブログで稼ぐためのノウハウを網羅的に説明することは有効と言われています。

そのため、文字数を稼ぐことが目的になるのではなく、「きちんとした有益な情報を網羅的に書いた結果、文字数が増える」というのが健全な考え方だと思います。

文字数が増えることは目的ではなく目的を達成するための手段であり、その結果ということですね。

冷静に考えてみても、役に立たない文章がただダラダラ羅列している記事よりも、有益な記事が読みやすく必要数だけ適切に書かれている方が良いですよね。

そのため文字数ではなく、有益な記事を読者目線に立って書くことを意識すればOKです。

そうはいっても長文SEOは有効なの?

でも長文がSEOに有効って聞いたことあるけどその辺はどうなの?

確かに長文SEOは有効という声もありますし、実際に2022年現在でも一定の効果があると言われています。

しかし結局肝心なのは中身。

中身の伴わない長文は読む気が失せますし、サイト自体の評価も下がることにつながるため注意が必要ですね。

2011年までは低品質な記事であっても1万文字を超えるような長文コンテンツであれば検索エンジンの上位に表示されることも少なくありませんでした。

しかし2011年にGoogleが行なった「パンダアップデート」によりこういった低品質な長文コンテンツというのは軒並み検索順位を落としたのです。

そのため、長文コンテンツであっても大事なのは中身。これはGoogleの10の真実にある

1. ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。

引用元:Googleが掲げる10の真実

からもわかるように、Googleが最も重要視しているのはユーザーの役に立つコンテンツかどうか、という点です。

文字数をむやみやたらに増やすのではなく、ユーザーにとって役立つ情報を届けることを重視しましょう。

SEOに近道はない

ブログってなんだか色々考えることが多くて大変だなあ。

ここまで読まれた方の中には上記のように思われた方もいるかもしれません。

正直ブログもSEOも近道というのは中々ありません。

それこそ以前はブラックハットSEOというものがあり、価値がないサイトからの被リンクを買ったり、自作自演のリンクを用意したりしてさもサイトが評価されているかのようにGoogleを欺く手法がありました。

が、今ではGoogleの検索エンジンもAIが発達し、そういったブラックハットSEOを用いたサイトはペナルティを受けて検索順位が一気に下がったり、淘汰されたりして消えていく運命にあります。

そのためブログもSEOも「これをすれば早く確実に成果が出る!」という方法はありません。

正攻法で地道に自分のブログを育てていくことが結果的にゴールに最も近くなると言っても過言ではないと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ブログの記事数に決まりはありません。

大事なことはユーザー視点に立って、ユーザーにとって有益な記事を書き続けることです。

その結果、文字数が2000文字以上になると検索順位も上がって来やすくなると思います。

中々すぐに結果が出るビジネスモデルではありませんが、続けていると新たな発見や嬉しいことが待っているのもブログの大きな魅力。

肩の力を抜きつつ、気長にやっていきましょう。

というわけで本日の記事は以上です( ͡° ͜ʖ ͡°)

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

しの

はじめまして、しのです。 WEBデザインやプログラミング、SEO、ブログ術に関する記事を主に書いています。 ブログの月間PVは約40000PV、月間収益は5桁です。 SEOで検索上位1位を約50件獲得(2023年6月時点)。

-SEO
-