Wordpress

【コピペで簡単実装♪】WordPressの記事内で@アカウント名でX(旧Twitter)にリンクする方法

しの

はじめまして、しのです。 WEBデザインやプログラミング、SEO、ブログ術に関する記事を主に書いています。 ブログの月間PVは約40000PV、月間収益は5桁です。 SEOで検索上位1位を約50件獲得(2023年6月時点)。




今日は、



【コピペで簡単実装♪】WordPressの記事内で@アカウント名でX(旧Twitter)にリンクする方法



というテーマで記事を書いていこうと思います。


ちょっと長ったらしいタイトルなんですが、どういうことかと言うと、



冒頭の



「しの(@SHINOWEB1)です」とした時に@アカウント名でX(旧Twitter)の自身のプロフィールに飛べる設定にする方法について、ということです。



これ実はWordPressでは最初から設定されてるわけではないのですね。



ただコピペで簡単に実装出来るので是非試してみてください♪



それでは早速行ってみましょう☆


この記事を書いている人

実装方法

早速実装方法ですが、超絶簡単です。


以下のコードをWordPressのfunctions.phpにコピー&ペーストすればOKです。

<?php
function add_twitter_link($result) {
$pattern= '/(?<=^|(?<=[^a-zA-Z0-9-_\.]))@([A-Za-z]+[A-Za-z0-9_]+)/i';
$replace= '<a href="http://www.twitter.com/$1" target="_blank">@$1</a>';
$result= preg_replace($pattern, $replace, $result);
return $result;
}
add_filter( "the_content", "add_twitter_link" );
?>

正規表現を使ってtwitterのアカウント名であればリンクを作る関数になります。


functions.phpを編集する場合の注意点

実装自体は簡単なのですが、注意点が一つだけあります。


それは、functions.phpを編集する場合はバックアップを必ず取っておきましょうということです。


functions.phpはWordPressの様々な設定を担うファイル名で、少しの間違いや書き方、空白などでもサイト自体が動作しなくなります。汗


管理画面が”真っ白”になってログイン自体に出来ないという事例もありますので本当に取り扱いには細心の注意を払いましょう。


WEB制作の現場では口すっぱく「バックアップを取るように!」ということを言われます。


何かが起きてからでは遅いのでマメにバックアップを取ることを心がけましょう。


それでは本日はここまで✨


いつもお読みいただきありがとうございます。


また明日の記事でお会いしましょう♪


おしまい✨


  • この記事を書いた人
  • 最新記事

しの

はじめまして、しのです。 WEBデザインやプログラミング、SEO、ブログ術に関する記事を主に書いています。 ブログの月間PVは約40000PV、月間収益は5桁です。 SEOで検索上位1位を約50件獲得(2023年6月時点)。

-Wordpress
-,